AVAL NAGASAKI PRODUCTS GUIDES
 
通話録音ボード/アナログ回線・ISDN回線 通話録音ボード AVAL VRCカードシリーズ
通話録音システム:ISDN回線対応カード

アバール長崎ISDN回線対応 通話録音カード「VRCシリーズ」が登場。
電話網とPBX・主装置の間に設置することにより、端末の通話録音・各種電話番号取得・通信状態取得を行うことができるカードです。
電話網−端末間の全回線・全通話録音やAPIからの録音要求による個別録音等に対応し、通話内容をサーバへ保存することが可能です。
VRC-504はINS64×2ch、VRC-523はINS1500×1chの回線へ対応しています。
カードをサーバへ搭載しVRシステム・ビルダーでシステムを構築することにより、幅広い通話録音用途へフレキシブルに利用することができます。
VRC-504、VRC-523はPCI bus(Rev2.2)対応製品です。


通話録音ボードでのISDN回線オペレータシステム構築例
通話録音ボードでのISDN回線オペレータシステム構築例 通話録音ボードでのISDN回線オペレータシステム構築例

一台のPCに異なる回線・複数枚のカードを搭載することができ、共通のAPIで管理が可能です。
ネットワーク経由で遠隔地からも管理者が音声データをモニターすることができます。
   


通話録音の用途
● コールセンター、サポートセンター、お客様相談室
  *以前の取引内容確認
  *オペレーターの教育・訓練・評価
●医療・福祉窓口などの通話・会話記録
● 金融機関の証券取引・テレフォンバンキング
● 航空管制塔等での交信記録
●通信販売窓口等での顧客の受注内容の記録




通話録音の特長

● 録音方式選択(自動/マニュアル)
電話機のon/off hookで録音の開始/終了の制御を行う自動録音方式と、APIから録音の開始/終了の制御を行うマニュアル録音方式を選択することができます。

● 録音データ
録音データは上りと下りを1つのファイルにして録音したり、上りと下りを別々のファイルで録音することができます。

● モニター機能
録音中の通話をモニターすることができ、リアルタイムに状況の確認が可能です。録音動作中でも音声を再生して内容を確認することができます。

● 情報取得
端末とPBX・主装置間の発信者番号・ダイヤルイン番号等の各種回線情報を取得することができます。

● 一元管理
一台のPCに異なる回線・複数枚のカードを搭載することができるため、音声データの一元管理が可能です。データの安全性向上や情報漏洩を防止します。

● 長時間録音
全回線・全通話録音などの長時間の録音データや長期間の録音データを録音サーバへ保存し、管理することができます。

● PCI-X対応
PCIバスRev2.2(66MHz/64bit/3.3V)に適合します。PCIバスコネクタはユニバーサル仕様でPCI-Xを含むPCや従来の33MHz/32bitバスのPCIスロットへの装着が可能です。
(但し、3.3V電源が供給されている必要があります。)





通話録音ボードISDN回線仕様

●ISDNインターフェース(VRC-504)
適用回線   INS64
網インターフェース
  INS64×2ch/カード1枚(アナログ4回線相当)
網インターフェース
  基本インターフェース S/T点およびU点

●局線インターフェース(VRC-523)
適用回線   INS1500
接続回線数
 INS1500×1ch/カード1枚(アナログ23回線相当)

●接続
ホストインターフェース
  PCIバス Rev2.2(Universal Signaling)

●カード外形寸法
VRC-504/312.0×106.7×18.7mm
VRC-523/280.0×106.7×18.7mm




このページのトップへPRODUCTS TOP  
AVAL CT CARD SERIES AVAL 監視システム SINGLE BOARD COMPUTER PRODUCTS TOP