アバール長崎 製品ガイド

  • 製品に関するお問合わせ

CT-BOX音声/FAX機能 INS1500回線 1ch

CTBX-504
CTBX-523
CTBX-523は、IVRやFAX Server等の構築において、ネットワークによるHostインターフェースの採用により、仮想化Serverの利用や同一ネットワーク上で分散化したCTIシステム構成をとることができます。IPプラットフォームにより大規模システムの実現や、複数サービス間での回線リソースの有効利用、回線トラフィック負荷低減、等を兼ね備えたCTIシステムの構築が可能になります。
 

●CT-BOXシステム構築図

 
CTBX-504構成図  
 
従来はカードが組み込まれた個別サーバーで構築されたオンプレミスによるCTIシステム構成がメインでしたが、IPプラットフォームの「CT-BOX」では、データセンターの利用や クラウドによるテレフォニーサービスの実現が容易になります。
  

●ソフトウェア構築図

 
ソフトウェア構築図  
 
従来のアプリケーションが使えます 「CT-BOX」の統合APIは従来のCTシステムビルダーAPIと互換性があり ユーザーアプリの変更をすることなくBOXを動作させることができます
  • ●Serverの集約
  • 仮想化プラットフォームを利用することにより、これまでの分散したServerシステムを集約することができます。運用コストの低減をはかれます。
  • ●回線の集約
  • コールセンター、企業、および遠隔地等のあらゆる回線の集約とコミュニケーションの統合をはかります。
  • ●複数のCTIシステム構築
  • CTIカードによる単独システムでは実現できなかった、同一ネットワーク上での複数のシステム構築や冗長性を持たせたCTIシステムの実現が可能になります。
  • ●冗長化システムの構築
  • ネットワーク上に「CT-BOX」を配置することで、冗長化システム構築がよりコンパクトに行えます。対障害性を高め、ダウンタイム短縮につながります。
  • ●ソフトウェア開発パッケージ
  • CT System Builder for Network 「CT-BOX」統合APIは従来のCTシステムビルダーAPIと互換性があり、ユーザーアプリケーションを変更することなく動作させることができます。
 

●19インチラックマウントキットCTBX-RMK(別売) CT-BOXをサーバーラックに収納するための専用キットです。
 
CTBX-RMK  
 
2台実装可能…CTBX-523/724/712
3台実装可能…CTBX-104/504/704/104V/504V/523V/724V/712V/704V

 
接続インターフェースホストインターフェースLAN(100Base-TX/1000Base-T)
Auto MDI/MDI-X 対応
局線インターフェース適用回線INS1500(T1)×1
音声機能方式PCM(8、16)、μ-law(PCM)
データレートPCM8:64Kb/s、PCM16:128Kb/s、
μ-lawPCM:64Kb/s
音声入力レベル推奨レベル-15dBm
音声出力レベル推奨レベル-15dBm
認識ダイヤルパルス認識回線接続後のDP-10/DP-20信号を認識
(認識精度は回線品質に影響します)
トーン検知DTMF16桁0~9、*、#、ABCD標準 ミニマムポーズ30ms
単一周波数検出FAX信号のCNG、CEDを検出可能
送出400Hz~2100Hzまでの17種類で送出
FAX機能通信方式調歩同期通信方式
適応規格ITU-T勧告:T.4、T.6、T.30
V.17、V.29、V.27ter、V.21、V.34準拠
通信速度33600/31200/28800/26400/24000/21600/19200/
16800/14400/12000/9600/7200/4800/
2400bps [自動フォールバック可能]
接続相手SuperG3規格またはG3規格対応ファクシミリ機
画像サイズA4、B4、A3[スケーリング機能]
圧縮方式MH、MR、MMR、JBIG
ECM機能サポート
走査線密度ノーマル : 200×100dpi
ファイン : 200×200dpi
スーパーファイン: 200×400dpi
カード外形寸法外形寸法200x40x270mm(高さはゴム足を含まず)
重量1580g(ケーブル等は含まず)