アバール長崎 製品ガイド

  • 製品に関するお問合わせ

CT-BOX音声/FAX機能 アナログ回線 4ch

CTBX-104
CTBX-104
CTBX-104はIVR等の音声システムにおいて、同時4chの音声処理や、音声再生中の信号検出機能など、従来からの豊富な機能はすべて継承しています。少ないスペースでクラウド型CTIシステムを実現することができます。
  • ●IVR/FAXサーバを仮想化環境で実現できます。
  • サーバにカードを実装する構成から、CT-BOX(アダプタ)として独立ができ、サーバを選びません。
特長・機能仕様
  • ●CTIサーバーの仮想化によるメリット
  • 他の業務系サーバー等との集約による物理サーバーの削減や、運用の効率化によるコスト削減がはかれます。
  • ●信頼性の高い通話品質
  • アナログ回線のため障害が少なく、いつでも安定した通話を行うことができます。無人施設や災害時等にも力を発揮します。
  • ●高機能FAXサーバー対応
  • SuperG3による高速通信に対応しています。またFコードに対応。 相手先を特定した転送や親展通信、中継同報通信等が実現できます。
  • ●アナログ4回線 音声システム対応
  • 小規模/ローコストなシステムから、複数BOX使用した大規模なシステムを同一のプラットフォームで実現することができます。
  • ●ソフトウェア開発パッケージ
  • CT System Builder for Network 「CT-BOX」統合APIは従来のCTシステムビルダーAPIと互換性があり、ユーザーアプリケーションを変更することなく動作させることができます。
 

●19インチラックマウントキットCTBX-RMK(別売) CT-BOXをサーバーラックに収納するための専用キットです。
 
CTBX-RMK  
 
2台実装可能…CTBX-523/724/712
3台実装可能…CTBX-104/504/704/104V/504V/523V/724V/712V/704V

 
接続インターフェースホストインターフェースLAN(100Base-TX/1000Base-T)
Auto MDI/MDI-X 対応
局線インターフェース適用回線加入電話回線(2線式)
音声機能方式PCM(8、16)、μ-law(PCM)
データレートPCM8:64Kb/s、PCM16:128Kb/s、
μ-lawPCM:64Kb/s
音声入力レベル推奨レベル-15dBm
音声出力レベル推奨レベル-15dBm
認識ダイヤルパルス認識回線接続後のDP-10/DP-20信号を認識
(認識精度は回線品質に影響します)
トーン検知DTMF16桁0~9、*、#、ABCD標準 ミニマムポーズ30ms
単一周波数検出FAX信号のCNG、CEDを検出可能
送出400Hz~2100Hzまでの17種類で送出
FAX機能通信方式調歩同期通信方式
適応規格ITU-T勧告:T.4、T.6、T.30
V.17、V.29、V.27ter、V.21、V.34準拠
通信速度33600/31200/28800/26400/24000/21600/19200/
16800/14400/12000/9600/7200/4800/
2400bps [自動フォールバック可能]
接続相手SuperG3規格またはG3規格対応ファクシミリ機
画像サイズA4、B4、A3[スケーリング機能]
圧縮方式MH、MR、MMR、JBIG
ECM機能サポート
走査線密度ノーマル : 200×100dpi
ファイン : 200×200dpi
スーパーファイン: 200×400dpi
カード外形寸法外形寸法135x40x210mm(高さはゴム足を含まず)
重量990g(ケーブル等は含まず)