アバール長崎 製品ガイド

  • 製品に関するお問合わせ

CT-BOXCT System Builder for Network

「CT System Builder for Network」はCT-BOX製品に対応したCTIシステム開発ツールです。仮想化サーバ利用によるシステム構築や、冗長化構成による安定したシステム構築を実現するための機能が揃っています。従来のCT System Builder APIと互換性があり、CTカード製品からCT-BOX製品への移行もスムーズに行えます。

ネットワーク環境で自由度の高いCTIシステム構成
サーバ様式を選ばない自由なシステム構成
ビルダー内サービスでネットワークI/Fをサポートしており、CT-BOX(アダプタ)の切り離しが可能になりました。クラウド型CTIシステムやサーバ様式を選ばないCTIシステム構築が行えます。
仮想化対応でシステムの簡略化
ビルダー内サービスでネットワークI/Fをサポートしており、CT-BOX(アダプタ)の切り離しが可能になりました。クラウド型CTIシステムやサーバ様式を選ばないCTIシステム構築が行えます。
冗長化や分散化システムを容易に構築
CT-BOX毎にIDを割り当て、制御サーバとCT-BOXの接続を自由に設定できます。複数の制御サーバからもCT-BOXを指定する構成ができ、「冗長化システム」や、用途別に「分散化システム」を構築することができます。
動作モード
アプリケーションの目的に合わせて、ブロッキングモード(同期型)/ノンブロッキングモード(非同期型)を選択でき、無駄のないプログラミングができます。

◆ブロッキングモード(同期型)

APIから要求があると、処理が完了するまでアプリケーションに制御を戻しません。
チャネル数だけプロセスが必要な場合や、チャネル対応スレッドを全て独立で動作させる場合に向いています。

◆ノンブロッキングモード(非同期型)

APIからの要求を受付けた時点で制御を戻し、状態遷移をイベントで通知します。関数実行時においても回線情報等がイベントで通知されるため、応答性が良く細やかな制御に向いています。

動作モデル
リソースデバイスをアプリケーションに合わせて有効利用することができます。

◆リンクモード

各チャネル毎に回線リソースと音声/FAXリソースを関連付けるモード

◆スイッチモード

回線・音声・FAXのリソースをそれぞれ単独デバイスとして管理するモード

論理チャネル
回線種別を問わずすべての回線において論理チャネルでプログラミングできます。
障害時解析ツール
運用中の各コンポーネント間のやりとりを時系列順に採取することができ、ライブラリ関数の発行順序が意図したとおりになっているか等の確認ができます。 Windowsのイベントログと組み合わせ、短時間での障害特定が可能です。
アプリケーションサンプル
アプリケーションノートには豊富なアプリとその使用例をソースファイルを含め詳しく解説しています。
統合API
アナログ、デジタル、IP回線の異なる種類のCT-BOXを同じAPIでコントロールが可能です。従来から変わらないAPI仕様でアプリケーションの有効な資産活用ができます。
 
Windows OS 対応
マイクロソフト Visual Basic 2010※1 / Visual Studio 2010 VC++※1 / Visual Studio 2012 VC++※1
※1 ユーザーズマニュアル、アプリケーションノートはVC++での記述になっています。

CT-BOX管理画面やツール画面が用意されており、プログラミングや障害発生時に便利な機能が揃っています。

  • ●CT-BOX一覧表示

    制御サーバに接続されているCT-BOXの一覧情報、接続状態等が表示されます。
  • ●回線モニター

    CT-BOXの各チャネル情報や、動作状態を確認できる画面です。
  • ●APIテスタ

    API機能や、実際の動作を確認できるアプリケーション・ツールです。
  • ●トレーサー

    運用中のトラブルを解析するために有効な障害時の動作経緯を採取できるツールです。
  • ●プロトコルログ

    システム動作時に「CT-BOX⇔公衆網」や、「CT-BOX⇔相手FAX機(FAX系)」の通信ログを採取できます。

CT System Builder for Network は、CT System Builder と基本的なAPIは共通ですが、ネットワークを監視する関数が追加されています。
追加された関数は、以下の2つです。
・bd_getserviceinfo(サービス情報取得)
・bd_getchinfo( チャネル情報取得 )

分類関数名称概要チャネル種別
アナログISDNVoIP
システムbd_open論理デバイスオープン
bd_close論理デバイスクローズ
bd_getlasterror障害情報取得
bd_cancelキャンセル
bd_selectイベント待ち
bd_geteventinfoイベント取得
bd_getstatus状態取得
bd_getchinfoチャネル情報取得
bd_getserviceinfoサービス情報取得
bd_setparameterパラメタ設定×
bd_getparameterパラメタ取得×
バス制御bd_busconnectバス制御
発着信bd_call発信
bd_waitcall着信待ち
bd_answer着信応答
bd_transfer着信転送×
bd_hookフック制御
bd_connectbyuser強制接続制御×
信号・音声bd_signaldetectctrl信号検出制御
bd_waitsignal信号検出待ち
bd_sendsignal信号送出
bd_playdata音声再生(メモリ)
bd_playwav音声再生(ファイル)
bd_recdata音声録音(メモリ)
bd_recwav音声録音(ファイル)
bd_adjustvolボリューム調整
bd_getvoicestatus音声状態取得
FAXbd_sendfaxFAX送信
bd_recvfaxFAX受信
bd_getfaxstatusFAX状態取得
内線電話bd_icxctrl内線電話制御
bd_icxrevctrl内線電話極性制御
bd_icxgetstatus内線電話状態取得
※記載されている会社名、商品名は、一般に各社の登録商標または商標です。