アバール長崎 製品ガイド

  • 製品に関するお問合わせ

CTカードPCI bus 3.3V アナログ回線 2回線

CTV-104TG/CTF-104S
CTV-102P3/V2/CTF-102C
CTV-102P3/V2/CTF-102C(2回線)はカード上に発ID機能を搭載したアナログ回線対応の音声応答カードです。CTV-102P3/V2は、PCIバス(スロット)のハーフサイズとコンパクト。ユニバーサル・シグナリング・タイプを採用し、FAX拡張カードを搭載した場合にも搭載スペースが変わることはありません。CTバスにはH.100バスを採用。複数枚または複数種類のカードが実装できます。
CTV-102P3/V2のDP認識対応版は品番CTV-202P3/V2になります。
CTV-102P3/V2 音声応答カード
  • ●PCI-X対応
  • PCIバスRev.2.2(66MHz/64bit/3.3V)に適合します。ユニバーサル仕様のPCIバスコネクタはPCI-Xを含むPCや従来の33MHz/32bitバスのPCIスロットへも装着が可能です。(但し、3.3V電源が供給されている必要があります。)
  • ●DSPによる音声処理
  • DSPにより全回線同時のデジタル音声処理、録音/再生の全二重動作が可能です。 また、音声品質を向上させる強力なエコーキャンセラーをサポートしています。
  • ●サポート
  • ナンバーディスプレイ及びモデムダイヤルインサービスをサポート。
  • ●PB信号
  • PB信号(DTMF)の入出力機能、及びPB信号のカット・スルー動作が可能。
  • ●DTMFの送出/検出、音声データの録音/再生
  • 回線に対しての発着信制御、DTMF送出/検出、音声データの録音/再生等が可能です。
  • ●音声入出力端子を搭載
  • 音声入出力端子(AUX IN/AUX OUT)を搭載し、音声信号の再生/録音/回線への接続が可能です。
  • ●標準テレフォニーバスH.100搭載
  • テレフォニーバスH.100バスを搭載し、カード間のスイッチング機能を利用した幅広いアプリケーションの構築が可能です。
  • ●ソフトウェア開発パッケージ
  • CT System Builder CTカードを同じAPI環境でコントロールできるCT統合ソフトウェアです。
局線インターフェース適用回線加入電話回線(2線式)
ダイヤル方式PB/DP-10/DP-20
接続回線数 2回線
極性反転
発信者番号通知
接続ホストインターフェースPCIバス Rev2.2(Universal Signaling)
音声機能方式 PCM(8bit/16bit)、μ-lawPCM
ダイアリングDTMFトーン16桁 0~9、*、 #、 ABCD標準
トーン検出DTMF16桁 0~9、*、 #、 ABCD標準
パターン認識DT、BT、RBT(3種類)
単一周波数検出FAX信号のCNG、CEDを検出可能
送出400Hz~2100Hzまでの17種類で送出
CTバスH.100
カード外形寸法174.6×106.7×18.7mm
最大実装枚数16枚/PC
CTF-102C FAX拡張カード
  • ●G3FAX対応
  • 一般FAX機、ホーム用FAXが対応しているITU-T(国際電気通信連合)準拠のG3FAX(14.4Kbps)との通信が可能です。
  • ●FAXファイル形式
  • Windows環境の他アプリケーションで編集ができるFAXファイル(TIFF/F)を扱うことができます。
適用規格ITU-T勧告 T.4、T.30、V.17、V.29、V.27ter、V.21準拠
通信速度14400/12000/9600/7200/4800/2400bps [自動フォールバック可能]
接続相手G3規格対応ファクシミリ機
画像サイズA4、B4、A3[スケ-リング機能]
圧縮方式MH、MR、MMR [自動変換機能]
ECM機能サポート
カード外形寸法73.5×97.8×11.3mm